結婚式二次会でNGな服装

結婚式の二次会に招待されたけれど、どういう格好をしていけばいいのかわからず困ってしまう人は少なくありません。
このサイトでは二次会の服装でマナー違反にならないものをご紹介しますが、まずこのページではこの服装だけは相応しくないものに焦点を当てて説明させていただきます。

はじめに、白い色の服装はやめましょう。
ホワイトカラーは新郎・新婦のものであり、これは結婚式であろうと二次会であろうと変わりません。
このほか、過度の露出もよくありません。
男性の視線は集まりますが、自分のためのイベントではありません。
お祝いの席であることを忘れずに、露出度の低い、品のある格好で参加することが大切です。

また、結婚式に比べカジュアルめな服装が認められる二次会ですが、平服イコール普段着ではありません。
デニム素材のアイテムは使用しないようにしましょう。
そのほか、素足で出席したり、オープントゥのものを履いて出席するのもNGです。
足が見えていると余計な露出をしていると思われますし、つま先があいている履物は縁起が悪いため避けるのがマナーです。
つま先まである履物を選び、素足ではなくストッキングやタイツを身に着けましょう。

そのほか、パールを身に着けて参加する女性は多いですが、色には注意しなければいけません。
黒いパールは葬式をイメージさせるため、絶対に身に着けてはいけません。
黒以外のホワイトなどの色であれば身に着けても問題ありません。

Copyright © 2014 結婚式二次会における女性の服装マナー All Rights Reserved.